医師採用に関する記事まとめ

この記事は約2分13秒で読めます

医療機関の経営に大きな影響を与える医師採用。成功事例インタビューや専門家によるノウハウなど、医師採用に携わる方々におすすめの記事をまとめました。

成功事例インタビュー

医師不在5年の診療科で採用を実現~求職中の医師に自らオファー(前編)


医療機関の採用担当者が、求職中の医師の一覧を見て、自らオファーする――。そんな“攻めの採用”を始める医療機関があります。津田沼中央総合病院(300床=取材当時、千葉県習志野市)は2019年、一覧から自院に合いそうな医師を選び、オファーすることで、5年間医師が不在だった泌尿器科などに2人の入職を実現しました。採用を担当する事務次長の山村圭司氏は「採用の概念が覆った」と話します。(記事はコチラ

地方・公立病院の戦い方 1年半で医師3名採用、そして経営改善へ―加東市民病院


1年半で3名の医師を採用。収支は2年間で4億5千万円の改善──。医師不足が顕著な地方の公立病院でありながら、めざましい経営再生を遂げつつあるのが兵庫県にある加東市民病院(139床)です。経営企画主査の村上計太氏は、「採用といっても何をすれば良いかわからなかった」と語ります。「ウリ」のない病院を変えたきっかけとは、一体なんだったのでしょうか。(記事はコチラ

“不採算部門”の小規模病院が、常勤医を増やすためにしたこと─エラーを恐れない土屋小児病院の信念とは


医師の負担の大きさが問題視されてきた小児科。早期に医師の週32時間労働制を取り入れ、無理なく働ける環境を実現したのが土屋小児病院(埼玉県久喜市)です。順風満帆に医師の労働環境を整備してきたかのように見える同院ですが、これまでの道行きは困難の連続だったそうです。土屋喬義理事長に、取り組み成功のポイントを聞きました(記事はコチラ

ノウハウ

医師採用にウェブ面談/面接を導入するメリット・デメリットと、5つの注意点


新型コロナウイルス感染症の影響は、医師採用活動にまで及んでいます。対面での面接が実施しにくくなっている中、ウェブでの面談・面接に活路を見出す医療機関も出てきています。その実態はどのようなものなのでしょうか。(記事はコチラ

【病院規模別】医師が「働きたい!」と思う病院の条件とは?


医療機関の規模によって、働く医師の仕事観や求める職場環境は異なるのでしょうか?医師3576人から回答を得たアンケート結果をもとに、医師が「働きたい」と思う病院の条件を紹介します。(記事はコチラ

年1000施設への訪問で見えた、“医師が来ない病院”の共通点


医師採用の成否を分けるものとは、一体何なのでしょうか。年間1000施設超の医療機関を訪問するエムスリーキャリアの採用支援チームが、医療機関の抱える採用課題について話します。(記事はコチラ

多くの医師に会うための、採用担当者の5つの心がけ―1から学ぶ医師採用マニュアル【実践編 vol.1:応募・書類受付】


経営に直結する医師採用の課題。一つ一つのプロセスにも工夫が求められます。連絡対応や書類チェックなど、応募受付時の具体的なコツとは?(記事はコチラ

事務長!採用時に苦労しますか、採用“後”に苦労しますか?―事務長の悩みは、99%解決できる


多くの医療機関経営者が頭を悩ます「人が集まらない・定着しない」問題。自院の方向性に共感する人材を集めるポイントはどこにあるのでしょうか。(記事はコチラ

採用要件に合う医師を個別にスカウト!

“攻め”の採用活動をかなえる
M3 Career プライムとは

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

スパム対策のため、日本語が含まれない場合は投稿されません。ご注意ください。

ログイン

【先着50施設限定】選べる無料キャンペーン実施中

医師採用「順調ではない」病院の8割が望む機能を実現。
M3 Careerプライムでかなえる“攻め”の採用活動とは?

病院経営事例集について

病院経営事例集は、実際の成功事例から医療経営・病院経営改善のノウハウを学ぶ、医療機関の経営層・医療従事者のための情報ポータルサイトです。